【クーポン対象外】 ■龍香堂■☆円明園十二生肖獣首銅像「子(ね)」-置物

【クーポン対象外】 ■龍香堂■☆円明園十二生肖獣首銅像「子(ね)」-置物

【メーカー在庫あり】 エスコ ESCO 50x1250mm 作業用ベルト 黄 000012241843 JP店




サイズ(約):高115×正面横幅85×110mm 重さ:806g ●中国の宝、円明園(えんめいえん)十二生肖獣首銅像(じゅうにせいしょうじゅうしゅどうぞう)の「子(ね/ねずみ)」、約二分の一銅製レプリカです。これは十二支の干支の動物を模した銅像の頭部で、かつて清代の円明園では頭部だけでなく全身像「十二生肖獣首人身像」として飾られていました。十二支の動物はそれぞれ古代の衣装を纏い、それぞれ意味のある動作をしていたと言われています。コレクションや置物に。yo.ys.r ※5番目の画像は十二支を一揃いに集めたものです。1種類ずつ12点の購入を御希望の場合は御連絡ください。セットでの金額は、送料当方負担で 129,600円(税込)になります。●円明園(えんめいえん): 中華人民共和国北京市郊外に位置する清代に築かれた離宮の遺構である。その西洋楼の海晏堂前にある噴水時計の一部に、体は人間、頭はそれぞれ十二支の獣の銅像が飾られていた。これは、ヨーロッパ人宣教師が設計し、清朝の宮廷職人が制作したもので、二時間ずつに銅像の口から池に向かい水を噴射したという中国と西洋文化が融合した芸術品であった。園は様々な建物の増築、庭園も拡張されたが、1856年に勃発したアロー戦争(第二次アヘン戦争)時に破壊され、この十二像も略奪されたと言われている。だが実際には、この時には被害を免れ移設されたものの、その後、近代になり首を切断され流出したという見解がある。円明園は荒廃したまま放置されたが、1988年、国の重点保護文化財に指定され、現在は観光資源として数多くの観光客を集めている。